関節痛や膝痛にはグルコサミンが効果ある?

関節が痛い

 

 

 

関節痛やヒザの痛みにはグルコサミンが効果があると言いますが本当なのでしょうか?

 

グルコサミンを飲んでいる人が多いようですね。

 

最近はCMでも、グルコサミンサプリメントをよく宣伝していますよね。

 

高齢の方の関節の痛みや、ヒザの痛みに効果があるんだとか。

 

あれだけグルコサミンサプリメントのCMがやっているということは、本当に関節やヒザの痛みに効果がありそうですよね。

 

このサイトでは、グルコサミンやコンドロイチンが本当に関節やヒザの痛みに効果あるのか、徹底的に調べてご紹介しています。

 

関節が痛い

 

 

関節が痛い

 

私の廻りでも、年齢とともに膝などの関節痛、腰痛を訴える人が多くなって、顔を合わせると「膝が痛くてねー」と始まります。

 

今まですこぶる丈夫で、どこそこ痛いなんて人の事、な〜んて思っていた私も、最近になって関節がおかしくなり始めて、ようやく「ヤバイ!」と思うようになりました。

 

 

そして友人たちの何人かが飲んでいたグルコサミン&コンドロイチンを飲みはじめました。

 

最初は隠れて飲むつもりでした。

 

今まで友達が年でヒザや関節が痛いなんて言っても、私には無縁!なんていい気になっていたので、恥ずかしいから黙っているつもりでした。

 

でも、飲みはじめて半月ほど過ぎたら少しずつ痛みがやわらいできたのが嬉しくて、「実は〜!」とばかりに喋ってしまいました。

 

 

私は友人たちから、グルコサミン&コンドロイチンを飲んでも即効性がないから目に見えた効果はすぐには現われないということを聞いていましたから、半月もあっというまに過ぎました。

 

でも、それを知らないと1週間2週間と効果が見えないでいると、途中で諦めて飲まなくなってしまう人もいるようですが、持ったいない話です。
漢方薬と同じで、サプリメントは劇的な即効性は期待できないのです。

 

その代り副作用がないとはいいきれなくても、ほとんどないので安心です。

 

 

グルコサミンは、骨と骨の間でクッションの役割をするとともに軟骨の形成を促します。

 

そしてグルコサミンが形成されて関節の動きがなめらかになます。

 

加齢にともなって減少したグルコサミンをサプリメントで補うことで関節の痛みもやわらげてくれます。

 

 

世の中には、少し前の私のようにサプリメント嫌いの人もけっこういますが、始めから食わず嫌いをしていないで、関節やヒザが痛くなったとき、試しにグルコサミン&コンドロイチンを試してみませんか?

 

きっと楽になると思います。

 

 

関節が痛い

関節痛に効果があるとされるコラーゲン、グルコサミン、ヒアルロン酸、コンドロイチンがあげられます。

全て軟骨に含まれる成分なんです。
軟骨で覆われている関節は半分はコラーゲンです。コラーゲンが減少することで軟骨がすり減って関節と関節がぶつかって痛みが生じるのです。
グルコサミンはアミノ糖と糖が結合したアミノ酸の一種で軟骨生成に必要なグルコミノグリカンの生成を促します。
グルコサミンも体内で生成される成分ですが、加齢とともに減少していきます。コンドロイチンは軟骨の維持と再生の働きがり、水分と栄養を届ける作用と関節がスムーズに動くための潤滑油の働きをします。
ヒアルロン酸はもともと関節内にある成分で、関節の動きをよくし、損傷した関節軟骨を修復する働きがあるそうです。
しかし加齢とともに30歳では65%の保有率、50歳で45%、60歳では25%としが保有することができないのです。
これら成分は年齢とともに減少する成分なので外から摂取する必要があります。
特にグルコサミンはほんのわずかしか食べ物に含まれていないのでサプリメントから摂取することは効率的と言えます。
また同時にコンドロイチンを摂取することで、相乗効果が高まり軟骨の再生が期待できるのです。
これら成分のサプリメントを上手に利用するこで関節痛の軽減や予防に役立てるとよいでしょう。
グルコサミンもコンドロイチンも大事なんです☆


プロテオグリカンが注目されているらしい

関節が痛い

 

関節に効く新たな成分としてプロテオグリカンが注目されているらしいです。
弘前大学が研究開発している成分らしく、最近、サプリや医薬品で利用されはじめているそうです。
ロコモエースという成分もプロテオグリカンが使われているサプリメントなんだそうです。
(参考サイト:ロコモエース通販はコチラ!グルコサミンでダメならプロテオグリカンを試せ!
グルコサミンやコンドロイチンで効果を感じられなかった人にとっては朗報ですね♪
とりあえず試してみるのもよいかも。


更新履歴