膝痛を治して趣味の茶道を続けたい!

ヒザ,痛い,グルコサミン

 

 

茶道こそ、年を取ってもできる趣味ですし、長年やって深みもましてさらに夢中になったり、師範の免許を取って生徒さんに教えている人もいます。

 

ところが、さらに茶道が楽しくなったのに、加齢でヒザがおかしくなり、心ならずも茶道を続けられない人がたくさんいます。

 

とても残念なことです。

 

 

茶道は正座をしなくてはならないのはもちろん、にじり寄って前に進んだりもします。

 

膝が痛くてはとうていできる芸当ではありません。

 

ですからコンドロイチンやグルコサミンを飲んでいる人が大勢います。

 

膝が痛くて困っているときにテレビのCMでも流れてくれば飲んでみたくなるのは当然過ぎるほど当然です。

 

でも飲んで正解です。

 

グルコサミンでヒザが良くなったという人は大勢いますし、好きな茶道に復帰できた人もたくさんいます。

 

 

茶道は70過ぎても80を過ぎても膝が痛くなければ続けられます。

 

しかしそれを実現するためにはただ望んでいるだけでは無理があります。

 

膝が痛くなってきたなと感じた段階で飲むことをお勧めします。

 

私たち人間の体にも存在していて、合成されているコンドロイチンが加齢とともに減少してくるのですから、減少しているコンドロイチンをサプリメントで補ってあげることで80、90を過ぎての茶道も夢ではありません。

 

それは茶道ばかりでなく、日常の暮らしも快適にしてくれます。

 

 

膝が痛くて整体、鍼灸など治療院に通っている人もいますが、通うとともに、コンドロイチンやグルコサミンも合わせて飲んでみてください。

 

効果がより早く表れると思います。


ヒザが痛くて作動が出来ないのがきっかけでした関連ページ

孫のおもりの責任から
孫のおもりの責任からグルコサミンを飲み始めたんです。
元気に歩きたいのでグルコサミンを飲み始めました
残り少ない人生、もっと元気に歩いて好きな事をしたい! グルコサミンを飲んだら人生が変わりました!